破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務 弁済 第三者

銀行系消費者金融



申込み時の審査に、出資者である消費者金融会社に蓄積されたデータとノウハウを活用することによって、迅速な審査の可否判断が可能になっているほか、万一、延滞事案などが生じた際の債権回収なども実質的に消費者金融会社側が請け負う様になっているのがほとんどである。




免責的債務引受について

(1)債権者A、債務者B、物上保証人X(Aの抵当権)の場合に… 債務者Bの債務を、Cが免責的債務引受をした場合は、物上保証人Xの同意がない限り、Aの抵当権は消滅する。 →これは、基本書に書...(続きを読む)





新幹線から見える「727」何?





1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

借金系ランキングへ←借金系ブログ多数掲載

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

スポンサーサイト

破産 廃止 弁護士費用

お金を返済する方法には、さまざまな方法があります。



キャッシングで最も多く採用されているのは、「リボルビング返済方式」という方法です。



リボルビングとは「回転する」という意味です。



別名、「回転信用方式」とか、「リボ払い」と言ったりもします。



「リボルビング返済方式」とは、限度額の範囲であれば自由に借入れ・返済ができ、借入金が増えたり減ったりしても、一定の残額の範囲ならば毎月の返済金が変わらないというものです。



仮にリボルビング払いでないとどうなるでしょうか。



最初、10万円を借りて、月々の支払いが1万円だったとします。



その次に、さらに10万円を借りたくなったとします。



すると、支払いが倍になって、月々2万円になってしまいます。



リボルビング方式を採用していれば、このようなことはありません。



最初の10万円の段階でも、さらに10万円を追加した後でも、一定額の範囲であれば、支払い額は変化しないのです。



このリボルビング返済方式ですが、さらに細かく分類することができます。



方法によって毎月の返済額が変わるのでよく理解しておきましょう。



■元利定額リボルビング払い



残高がいくらであっても、契約時に決めた定額を毎月払う方式です。



「元利定額」とは、毎月の[元金]と、[利息]の合計に対して、一定の支払額を決めるということです。



例えば、50万円を借りて、毎月2万円と決めたとします。



返済をしてゆき、残高が10万円になったとしても毎月2万円の支払いは変わりません。



なお、この2万円の中には[元金]と[利息分]が合計されています。



■元金定額リボルビング払い



「元金定額」とは、毎月の返済によって一定の額の元金を減らしてゆくという方式です。



返済時には、利息分を合計して支払うことになりますので、元金の一部+利息を支払うことになります。



つまり、初めは利息が多いので毎月の返済額も多くなりますが、支払いが進むにつれて徐々に返済額が少なくなってゆきます。



「元金均等返済」とも言います。



■元金定率リボルビング払い



利用残高に対して○○%と決められた割合を支払う方式です。支払いが進むにつれて利用残高は徐々に少なくなってゆきますので、月々の支払額も少なくなっていきます。



ここまでご説明したところで、実際には、よく「残高スライド~」といった言葉がくっついています。この残高スライドとはいったい何でしょうか?



これは、借り入れ残高によって、返済額を変動させるという方式のことです。



仮にですが、50万円の借り入れがある時に、毎月100円しか支払わなかったとしたら、利子を返すことすらできず、借金はどんどん膨らんでいってしまいます。



これを防止するため、50万円以上借りたら、最低支払い額は月に2万以上払うこと、といったように、借り入れ金額によって、元金を減らせるだけの最低返済額が決められているということなのです。



一般的に最も多い方式は、「残高スライド元利定額リボルビング方式」で、毎月支払う額は定額でありながら、借り入れ金額の増減によって、その金額は見直されるという方式です。



「残高スライドリボルビング方式」と表記されている場合は、「残高スライド元利定額リボルビング方式」を指す場合が多いようです。







オリジナルページ:キャッシュページ

http://cashpage.ddo.jp/contents-55.htm



出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]

著者:htkt [ 作成:2007-02-08 ]

http://www.freearticle.jp/contents-106.htm


任意売買の後に破産廃止決定を受けた後の譲渡所得税

破産申立を行い債権者集会を経て破産管財人と申立弁護士の間で資産、不動産を320万円で買い戻すと言うことで債権者の同意を取り付け破産廃止決定を受けました。 その時、不動産は00子の...(続きを読む)





女性のキャリア 分岐点の28歳





1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

借金系ランキングへ←借金系ブログ多数掲載

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。