破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 倒産

劣後ローン(劣後債)

他の特定の債権又は一般の債権より支払い順位が劣るローン。融資先が解散したり破綻した時に負債を全て支払い後、資産が残っていれば債務が弁済される。リスクが高い為に利子が通常より高くなる。株式(特に無議決権優先株)に近い性質を持っている為、自己資本の一部とみなされる。日本では1990年から解禁された。



不法行為

契約に次いで重要な債権発生原因は、不法行為である(民法709条以下)。

不法行為とは、他人から損害を加えられた場合に、契約関係がなくても、一定の要件のもとに金銭賠償を請求する債権が発生することを認める制度である。例えば、他人の物を壊したときの損害賠償請求権や、交通事故による損害賠償請求権等である。

不法行為による損害賠償請求権の発生要件は、次のとおりであり、このような場合に、被害者から加害者に対する損害賠償請求権が生じる(709条)。

* 故意・過失による加害行為
* 違法に他人の権利が侵害されたこと
* 損害の発生
* 加害行為と損害の間に因果関係があること
* 加害者に責任能力があること


民法上の免除

民法上は債権の消滅原因の一つである。

債権者が債務者に対して債務を免除する意思を表示したときは、その債権は消滅する(民法第519条)。免除の意思表示の性質は単独行為である。免除の対象となるものが第三者の権利の目的となっている場合には免除の効果は発生しない(520条但書参照)。また、免除は無償で行われることが通常であるが、条件を付すことも可能である。

連帯の免除については連帯債務を参照。不可分債権、不可分債務における免除の効果については、それぞれの項目を参照。


お買い物中毒な私

2009年3月合計

経済の話、企業景気予測調査

親せきの会社が自己破産or倒産

会社の倒産・破産

倒産、破産、民事再生、会社更生の意味、違いなど

父の会社の倒産、破産

自己破産について

夕張市のキャラクター、カンヌ国際広告祭でグランプリ/日本

能代産廃跡地 再び稼働? 秋田の業者が売却模索

倒産した「Sacred」のデベロッパASCARON,新会社として再スタート

富士ハウスを二次提訴 13都府県の56施主が静岡地裁へ



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1005-872ce063
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。