破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

金利 | ホーム | 金利

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン

帰責事由の内容

帰責事由の具体的な内容については条文上明らかではない。伝統的には故意もしくは過失または信義則上それらと同視すべき事由が帰責事由であると理解されている。よって債務不履行が不可抗力によって生じた場合か、債務者が無過失である場合には損害賠償責任は発生しないことになる。ただし、債務不履行の類型によってその内容は異なると考えられている。特に履行遅滞の場合、不可抗力でも無い限りはほとんど帰責事由があると解されている。

債務者本人ではなく、債務者の使用人等、履行補助者といわれる者の過失によって債務不履行が生じた場合、この過失は債務者の過失と信義則上同視される。つまり、履行補助者の過失があれば債務者が責任を負う。これは履行補助者を用いることによって経済的活動範囲を拡大し、利益を増幅させている者はそれに伴って責任の範囲も拡大されるべきであるという報償責任の考えが背景にある。

帰責事由の有無については、債務者が立証責任を負うというのが通説および判例の考えである。

過失相殺の適用に関しては、被害者に過失がある場合には考慮される(418条)。
不法行為

契約に次いで重要な債権発生原因は、不法行為である(民法709条以下)。

不法行為とは、他人から損害を加えられた場合に、契約関係がなくても、一定の要件のもとに金銭賠償を請求する債権が発生することを認める制度である。例えば、他人の物を壊したときの損害賠償請求権や、交通事故による損害賠償請求権等である。

不法行為による損害賠償請求権の発生要件は、次のとおりであり、このような場合に、被害者から加害者に対する損害賠償請求権が生じる(709条)。

* 故意・過失による加害行為
* 違法に他人の権利が侵害されたこと
* 損害の発生
* 加害行為と損害の間に因果関係があること
* 加害者に責任能力があること


関連法令改正と影響

金融庁は、消費者金融5件以上から借り入れをしている人が2008年3月末の時点で、約117万7000人となり、前年同期の約171万1000人に比して三割以上減少したとしている。

2008年5月、三社以上から借りている人は378万人いる[41]。また、自治体が多重債務者対策に取り組んでいる例もある。


「火事だあ!」で、出口殺到状態だということ

順張りパラボ システム”再販売開始!q(^^)p!7月 1日のいぬ ...

ドル円FX日記 7/1〔Wed〕

住宅ローンの対象条件は

住宅ローン本審査通過後の新たなローン

住宅ローン控除

住宅ローンの借り換えに関して

保証会社の保証なしの住宅ローン

「SBI住宅ローン/SBIマネープラザ」出店のお知らせ

低リスク米住宅ローン返済延滞率が前年比2倍以上に拡大-政府報告

失業保証付き住宅ローン取り扱いへ/百十四銀行

資産公開:県議平均所得1572万円 知事は増、1969万円 /岐阜



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1018-d4f4d97b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。