破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産者

履行不能

* 履行不能の要件

1. 債務成立後に債務の履行が客観的に不可能となること

後発的不能といわれ債権発生前に履行が不可能となる原始的不能とは区別される。また、「不可能」とは物理的に履行が不可能になった場合だけでなく、事実上不可能になった場合も含まれる。

2. 債務者に帰責事由が認められること
3. 違法性が認められること

* 履行不能の効果

1. 損害賠償 - 損害賠償の内容は填補賠償である。
2. 契約の解除(履行遅滞の場合と異なり催告は要件とされていない、543条)
履行不能

AがBに売った建物が、契約後に滅失したときのように、債務の履行が不可能になることを、履行不能という。このような場合、もはや前記の強制履行ができないことは当然である。
債務者Aに帰責事由がある場合は、BのAに対する建物引渡請求権は、損害賠償請求権に転化し、債権者Bは、損害賠償請求をすることができる(第415条後段)。また、Bは、自己の反対債務を免れるために、契約の解除をすることができる(第543条)。


裁判所の関与

裁判所は、調停委員会の調停が成立する見込みがない場合においても、相当であると認めるときは、職権で、事件の解決のために必要な決定をすることができる(特定調停に代わる決定。実務上、17条決定(じゅうななじょうけってい)と呼ばれる。同法22条、民事調停法17条)。この決定に対して、当事者が決定の告知を受けた日から2週間以内に異議を申し立てなければ、この決定は、裁判上の和解と同一の効力を有する(同法18条)。この決定についても、前述の内容の適切さが要求されている(特定調停法20条、17条2項)。


隠し金-オウム

あなたに貸す金はない! クレジットクランチ時代のサバイバル法

温浴と中古ビジネス

破産管財人は破産者に係わる債権者を捉えますが、それは義務から

破産者へ請求できますか?

破産法の破産者の範囲

官報に破産者の情報掲載は個人情報の流出では?法律上の生存/

自己破産者にたいする債権・債務の扱い



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1027-71445c61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。