破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 申立

買取屋(換金屋)


債務者にクレジットカードや契約書型ショッピングクレジットで換金可能な商品を買わせ、その商品を安く買い取る(換金する)業者のことをいう。業者は、その商品を他へ転売し利益を得る。債務者が買取屋と取引きしても、一時的に現金を得るだけで決して債務が減ることはない。そればかりか、詐欺罪に問われたり、自己破産した場合の免責が認められなくなったりする可能性がある。商品は、パソコン、ビデオカメラ、プラズマテレビ、液晶テレビといったデジタル家電や、新幹線の回数券などのチケット類が多い。このような業者は「クレジットカードの枠を現金化」などと(某巨大掲示板のトップページなどにも)広告していることがある。


物権
物権(ぶっけん)とは、ある物を支配し、利用・処分することのできる権利である。物に対する権利であり、対物権ともいう。
債権と異なり、物権の種類は、所有権・抵当権等、法令に定められたものしか認められない(物権法定主義、175条)。


金利について

仮に約定利息29.2%で、約定利息分のみを返済し続けた場合、新たな貸付がないなら6年未満で債務は0となる。実際には、約定利息分を超える返済と新たな貸付が混在していることが通常であり、正確な取引履歴に基づいた正確な引き直し計算が必要である。貸金業者が取引履歴の開示を渋る場合もあり、過払い金を回収するための訴訟が必要となることもある(取引履歴は弁護士・認定司法書士等が代理人となって貸金業者に開示を求めることが多い。開示を求めることは本人でも可能であり、信用情報機関に登録されることはないが、業者にマークされる可能性はある。業者による取引履歴の改竄も発覚しており[11][12]、注意が必要である。個人と弁護士では送付される取引履歴の書式が異なることもある。)。


【ミニ情報】アイディジャパンなど「未公開株乱売」事件、埼 ...

【金融・企業法務】 いわゆるフルペイアウト方式によるファ ...

■「アエル」の続報17(過払い金の支払予定と経緯)・・・ ...

第三者破産申立

債権者としての破産申立について

自己破産申立後の家賃支払いは?

自営業者の破産申立後の営業について

破産宣告した債務者の破産を止める異議申立書の書き方と立証



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1063-483db908
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。