破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産

買取屋(換金屋)


債務者にクレジットカードや契約書型ショッピングクレジットで換金可能な商品を買わせ、その商品を安く買い取る(換金する)業者のことをいう。業者は、その商品を他へ転売し利益を得る。債務者が買取屋と取引きしても、一時的に現金を得るだけで決して債務が減ることはない。そればかりか、詐欺罪に問われたり、自己破産した場合の免責が認められなくなったりする可能性がある。商品は、パソコン、ビデオカメラ、プラズマテレビ、液晶テレビといったデジタル家電や、新幹線の回数券などのチケット類が多い。このような業者は「クレジットカードの枠を現金化」などと(某巨大掲示板のトップページなどにも)広告していることがある。


抵当権

制限物権の中で最も理解の必要性が高いのは抵当権である。

抵当権は、債権の担保(多くの場合、金銭債権の担保)として、不動産(又は地上権・永小作権)について設定される担保物権である。

抵当権は、主として債権者(抵当権者)と所有者(抵当権設定者)との抵当権設定契約により成立し、売買契約の物権的効果として所有権が移転したのと同様の構造で、抵当権設定契約の物権的効果として、債権者が不動産について抵当権を取得する。債務者でなくとも抵当権設定者になることはでき、そのときは、他人の債務のために所有物を担保に供するという関係であり、物上保証という。

抵当権で最も重要な効力は、優先弁済的効力(第369条)であり、抵当債務者が弁済期に弁済しないときは、抵当権者(債権者)は、民事執行法の不動産競売(けいばい)等の手続により、目的物を強制的に売却した代金から債権の弁済を受けることができる。

抵当権の効力が及ぶ目的物の範囲について、例えば、建物についての抵当権は家具や土地賃借権にも及ぶか等の議論がある。この点、古い判例ではあるが87条2項の処分を抵当権の「設定」ととらえ、抵当権設定前の従物には抵当権が及ばないとしたものがある。(但し通説は370 条により抵当権の設定時期の前後を問わず従物に抵当権の効力が及ぶものとしている。)また、抵当権の目的物の交換価値が具体化されたものにも抵当権は及ぶとされ、物上代位性(第304条)と呼ばれる。例えば、目的物である建物が火災で滅失したとき、建物の火災保険金に抵当権が及ぶか否か、また物上代位における差し押さえの意義などが議論される。


消費者金融(しょうひしゃきんゆう)とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。

また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがある。

以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。


警察で済むレベルなんだろうか…

「債務再編失敗時には破綻も」=CIT

カナダ中銀、金利を据え置き、ドル円相場は、円買いへ

自己破産と民事訴訟

breakに破産という意味はない?

破産の申し立て後に保証人になっている分は?

消費者破産と企業破産の違いとは?

自己破産をして裁判所から選任された破産管財人の手数料はいくら

札幌地裁が破産手続開始決定 補正下着販売「ルキヤ北海道」

米CIT、債務再編失敗時に破たんの可能性示唆

cit株価、2倍に急騰=破産回避観測で-米市場

ノベルティなど手がける印刷会社ランオンプレゼンツ、破産

UPDATE1: 米CIT と当局の協議が終了、破産の可能性高まる



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1076-9c6d5f80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。