破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金利

家具リース金融(家財リース業者)

債務者の家具等の生活必需品を買い取ったとし、それを「リースする」と称して「リース料」を要求する行為をいう。
「リース料」が滞ると家具等が持ち去られる。実質的には、家具等は担保でありリース料は利息に相当する。貸金業の登録はせず、古物商の許可を得ている業者が多い。



履行危険

上述してきた危険負担の内容は、双務契約で片方の債務が消滅した場合にもう片方の債務(反対債務)も消滅するのか、それとも存続するのかという「双務契約の牽連性(存続上の牽連性)の問題」であった。これに対して、何をすれば・どの時点で債務者は引渡債務を完了したことになるのか(いつ引渡債務は消滅するのか)という意味で「危険負担」という言葉が用いられることもある。上記した代替物であるビールの引渡債務がいつ消滅するのかという問題(代替物と危険負担の節を参照)がそれである。これは本来の意味での危険負担を論じる前段階である。よって両者を区別するため、この問題を履行危険と呼ぶ場合がある。国際取引契約におけるFOB(free on board、本船渡し)やCIF (cost, insurance and freight) において「舷側欄干通過時に危険が移転する」といわれることがある。これは貿易などにおいて品物が船積されるときに、その品物が船の欄干を通過した時点で売主は引渡債務を完了したことになる(よって船が沈没しても売主は再び品物を調達する必要はない)という意味であるが、ここでいう「危険」とは履行危険のことなのである。本来の意味での危険負担は、船が沈没して引渡債務が履行不能となった場合、反対債務である代金債権も消滅するのかどうかの問題であって、引渡債務が完了したかどうかという問題とは(密接に関わるものの)別の話である。


消費者金融(しょうひしゃきんゆう)とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。

また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがある。

以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。


【7月27日の週】為替相場の注目材料スケジュールと焦点

金曜日の形状は調整示唆的、クロス円は上値を拡大できるか?

包括的基準改訂でGDP2Qは大荒れ?

変動金利より固定金利の方が安いのはなぜ?

固定金利か変動金利かどちらが得なんでしょうか?

中央銀行の政策金利と民間銀行金利の関係

金利について

外貨預金の金利とFXのスワップ金利どっちがお得?

マネーナビ:大幅拡充の「フラット35」。利用時の注意点を教えて。=回答・新倉由紀

〔金利マーケットアイ〕翌日物金利は0.10%近辺、大手邦銀0.08%の調達希望

〔金利マーケットアイ〕超長期ゾーンのスワップ金利急上昇、米欧金融機関が払い

長期金利1.3%台後半レンジの中心、2年債の入札順調予想=来週の円債市場

今週の見通し・為替 円、売られやすい展開続く



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1087-88b6da09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。