破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 債権

履行遅滞

* 履行遅滞の要件

1. 履行期に履行することが可能であること
2. 履行期を徒過していること
3. 債務者に帰責事由が認められること
4. 違法性が認められること - 債務者に同時履行の抗弁権や留置権がある場合には違法な遅滞ではない。

* 履行遅滞の時期

確定期限があるときは、期限の到来したときから(412条1項)、不確定期限があるときは、期限の到来を知ったときから(412条2項)、期限がないときは、履行の請求を受けたときから(412条3項)。

* 履行遅滞の効果

1. 強制履行
2. 損害賠償 - 損害賠償の内容は遅延賠償と填補賠償である。
3. 契約の解除(相当の期間を定めて催告することが必要、541条1項)

* 金銭債務についての特則

金銭債務は、金銭が必ず市場に存在し、調達が可能であるから、履行不能になることはなく、金銭債務の不履行は、履行遅滞となり特則が定められている(419条)。
物権
物権(ぶっけん)とは、ある物を支配し、利用・処分することのできる権利である。物に対する権利であり、対物権ともいう。
債権と異なり、物権の種類は、所有権・抵当権等、法令に定められたものしか認められない(物権法定主義、175条)。


金利について

最高裁第二小法廷判決 平成16年(受)第1518号 貸金請求事件(2006年01月13日) において、利息制限法以上の金利の支払いについて、「期限の利益喪失条項」などで事実上の強制がなされた場合、みなし弁済の要件を満たしていないとされた(シティズ判決)。続いて1月19日に最高裁第一小法廷、1月24日に最高裁第三小法廷において同様の判決があり、3つの小法廷で判断が一致した。これら一連の判決によってみなし弁済の成立する余地はほぼなくなり、これを受けて、金融庁は、貸金業規制法の施行規則を改正し、契約書・領収書に「期限の利益喪失条項」は利息制限法の利率を超えない範囲においてのみ効力を有すると記されることになった。この改正が、みなし弁済をめぐる法廷での争いに影響を及ぼす可能性が指摘されている。


「なぜ弁護士はウラを即座に見抜けるのか?」

(その1)7/25【土】川又三智彦の経済情報 ツカサは年金問題, ...

借金整理

破産免責確定後の債権回収?

自己破産同時廃止決定後の債権発生

債権者の自己破産について

破産者が破産前に行なう債権譲渡は有効でしょうか

破産更生債権について

ホテル解体の支援要請 八幡平観光

富士ハウス破産 ローン減免の特定調停始まる

デルファイ資産の競売、事業再生融資の債権団が落札

[社説]双龍車の破局を招いた勢力、政府に責任を転嫁するな

ベストウェスタン・トス破産 債権者ら即時抗告



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1101-c17777ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。