破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京地裁 破産

劣後ローン(劣後債)

他の特定の債権又は一般の債権より支払い順位が劣るローン。融資先が解散したり破綻した時に負債を全て支払い後、資産が残っていれば債務が弁済される。リスクが高い為に利子が通常より高くなる。株式(特に無議決権優先株)に近い性質を持っている為、自己資本の一部とみなされる。日本では1990年から解禁された。



IT系

IT会社の子会社。

* かざかファイナンス(旧:ライブドアクレジット) (関東財務局長 第00028号)
o フロックス (東海財務局長 第00165号) 2008年10月にクレディア(東海財務局長 第00040号)より事業を譲受
+ プリーバ (関東財務局長 第01258号)
* 楽天クレジット (関東財務局長 第01289号)
* GMOネットカード (関東財務局長 第01234号)


消費者金融 歴史

1967年には日本ダイナースクラブがクレジットカードによるキャッシングサービスを開始、1972年には銀行がカードローン(「庶民ローン」、「市民ローン」と呼ぶ場合もある)を開始、また1977年にはアメリカ大手消費者金融企業、アプコ・ファイナンシャル・サービスによるサービスが開始され、その後も外資系企業が日本市場へと参入した。こうした中で、消費者の意識の変化などもあり消費者金融市場は大きく成長した。

だが、この頃から強引な貸付や取り立て、借金苦による自殺などが社会問題化し、貸金業規制法の制定へ向かう流れが作られることになる[1]。#社会問題化も参照されたい。


<耐震偽装>自治体へ賠償求めた裁判 ヒューザーが全面敗訴

【金融・企業法務】 約束手形の取立委任を受けた銀行が、委 ...

耐震偽装判決

(株)千代田物産倒産(現商号 (株)フードリゾート)について

株式会社「クレディア」について

債権届出書が送られてきたけど・・・

東亜ハウスをご存知の方

エサキホームについて

アーバンエステート破産:施主ら24人、2億円賠償提訴

奥州の小野義建設、破産へ 負債額3億8000万円

未着工のまま放置、住宅会社を提訴=2億円余返還求める-さいたま地裁

黒岩元会長が控訴取り下げ=エビ養殖詐欺、懲役14年確定-東京高裁

動的再構成ベンチャーのアイピーフレックス,大型出資案件が実らず破産手続きへ



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1109-38eac6cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。