破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産更正債権 貸倒引当金

パンスト金融

物品販売の業務委託を装った金融で、次のようなものである。
まず、債務者と債権者が物品販売の業務委託契約を結ぶ。債権者は、安物のパンストなどの商品と業務委託手数料といった名目の金員を債務者に渡す。債務者は、1週間程度後に商品代金を支払うというもの。
実質的には、業務委託手数料が元金、商品代金が返済額に相当する。商品は、1足1万円のパンスト、1パック2万円の塩などで社会通念上、とうてい考えられない価格である。


債務の履行

以上のように確定された契約の内容に従って、債務者は、債権者に対して、債務を履行(弁済)する。

物の引渡しを目的とする債権の場合について、その債務の履行(弁済)の過程の概要を述べると以下のとおりである。
物の引渡しを目的とする債権(債務)の履行では、債務者が、所定の目的物を、所定の時期・場所において、債権者に提供する必要がある。(弁済の提供、493条)


関連法令改正と影響

平成18年(2006年)12月13日の第165回臨時国会において、「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」が可決・成立し、12月20日に公布、段階的に施行されている[13]。最長で2010年の6月中旬までに全条文が施行される予定である。また、この改正の最終期限をもって出資法の上限金利は年率20%となり、みなし弁済規定と従来のグレーゾーン金利は廃止される予定である[14]。しかし、施行期間の最終期限までグレーゾーン金利が残ることについては批判がある[15]。また、施行から2年半以内に出資法及び利息制限法に基づく金利規制のあり方について所要の見直しを行う「見直し規定」が定められている。みなし弁済規定の廃止、新規参入や融資額などの規制強化、罰則などの強化が行われる等、詳しい改正の内容については貸金業法参照のこと。


【法】遺贈と相続を登記原因に所有権移転するなら、遺贈が先ヤ!

貸倒引当金

銀行の比較

未回収金の処理。。。英文会計で

会社更生法による更生手続き後の債権について

キャプチャーイレブン?

自己破産者の債権回収について

自己破産免責決定後の差押さえについて



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1147-df3aea00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。