破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株 破産 デイトレ

闇金融の定義

厳密な定義はなされていないが、下記のいずれかひとつでも該当すれば闇金融に当たるとされている。

* 無登録の業者全て(このとき、金利の高低は無関係。もっとも、年率29.2%の金利や取り立ての制限を守っている業者は皆無である)。
* 登録しているものの、出資法の制限を超える金利を課す業者。高金利により登録を取り消された業者の中には日本貸金業協会の会員もあった。
* 登録番号を表示しないか、あるいは登録番号をもっともらしく偽証する業者(090金融は全て非表示。仮に固定電話の番号を表示していても、登録番号を偽証する業者も多い)。
* 電話番号が携帯電話のみ(いわゆる090金融)で、固定電話の番号を表示しない業者(登録には固定電話の番号を有し、また広告で表示しなければならない。携帯電話の番号ではほとんど足がつかず、摘発が極めて困難なため、携帯電話の番号のみによる登録は一切認められない)。
* 「あなたの信用状態では貸せない、しかし○○社なら貸してもらえるかもしれない」などと、別の貸金業者や闇金融を紹介するというものもある。紹介された先で金が借りられたら「それは当社が紹介したから」などと言って紹介料を騙し取るタイプのもの。いわゆる紹介屋。
* 無保証・無担保で多額の金額(数百万~一千万)を低金利(年利数パーセント)で貸し出すといった、一般的にはありえない条件などの誇大広告をしている。



消費者金融 歴史

太平洋戦争後は、資金は復興を急務とする産業へ回され、個人への直接融資は戦後10余年を経るまで行われなかった。1950年代も半ばを過ぎると、信用金庫等の中小金融機関が消費者への融資に動き出した。そして1960年には金融自由化への危機感から、都市銀行も消費者金融へと参入、ある種のブームとなった[1]。この当時の銀行等による消費者金融は、融資対象者の制限(個人の信用調査体制が確立していなかったため)、担保や保証の確保、融資資金の使用先制限(目的ローン)が大部分であった。そんな中で、日本信販の「チェーン・クレジット」(1956年開始。当初は日本信販会員のみであったが、のちに会員外にも提供)や、三洋商事(現三洋信販)、関西金融(現プロミス)などによるサラリーマンへの小口融資(いわゆるサラ金)が登場する


破産した場合、未相続株はどうなるのでしょうか?

たほうが良いと言われました(再発行するとあまり手元に残らない、再発行に1年くらいかかると) 親が破産した場合祖母名義の株券はどうなるのでしょうか?高額でもないですし、99万以下なら大丈夫なのでしょうか?親が(続きを読む)


自己破産後の株取引について

先日、様々な事情から自己破産をしました。(ライブドアショックとかの株式損失ではありません)自己破産の以前から小額の投資金額で株の取引をやっていましたが破産の免責がおりるまでの間は控えていた株の売買をまたやって(続きを読む)


追証を払えなくて自己破産

「ネットと文明」に追証を払えなくて自己破産をした28歳のフリーターの人が載っていました。「彼は親の援助や分割払いも求めず、あっさりと自己破産をした」そうですが、自己破産とはそんなに簡単にあっさりとできるものでしょうか?(続きを読む)


引渡し(提供)の時期・場所

引渡しをすべき時期・場所は、契約で定められた時期・場所である。
契約で引渡しの場所を定めていなかったときは、特定物債権の場合は債権発生の時(契約成立時)にその物があった場所(484条前段)、種類債権の場合は債権者の現在の住所(同条後段、これを「持参債務」という)においてしなければならない。




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1157-8492b7d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。