破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カードローン 低金利

債務不履行(さいむふりこう)、デフォルト(英: default)とは、債務者が契約などに基づき発生した債務を履行(弁済)しないことをいう。法律学的には「債務者が債務の本旨に従った履行をしないこと」と表現される。なお、法律上の「債務」の不履行とは、貸金の返済などの金銭的債務だけを含むのではなく、いわゆる「義務」の不履行も含まれる。

その中でも特に、債務者に債務を履行しない点についてのなんらかの原因(帰責事由、という)があって債務を履行しない場合をさして使われることもある。債務者がこの意味での債務不履行に陥った場合、債権者は契約の解除や損害賠償を求めることができる。

債務不履行という言葉はしばしば二つの意味で用いられる。一つは債務を履行しないという客観的な事実状態をいい、もう一つは債務者の帰責事由による債務不履行である。以下、後者を念頭に解説する。
権利の主体

民法において、権利の主体は人である。ここにいう人には、自然人(人間)と法人がある。

法人とは、人間が集まった集団・団体等について、法律が人間と同様に人格・法主体性を認めたものであり、株式会社等の会社や、社団法人・財団法人等がある。

自然人と法人に人格ないし法主体性があるということは、例えば、金銭支払請求権や、ボールペン、土地・建物の所有権等を有する資格が認められるということである。

これに対して、自然人・法人以外の物(動物等)には、法主体性は認められない。動物は、植物、ボールペン、土地・建物等と同様、物(ぶつ)の一種として扱われる。例えば飼い主が飼い犬にえさを与えても、飼い犬にえさの所有権が認められるわけではない。犬はあくまで飼い主の所有権の客体であって、所有権の主体となることはできないからである。 現代においては、人間は物とはならず、人間が所有権の客体となることはない。


裁判所の関与

調停委員会が当事者に対してあらかじめ調停条項案を提示し、出頭することが困難であると認められる当事者(遠隔の地に居住しているなど)があらかじめその調停条項案を受諾する旨の書面(受諾書面)を提出しているときは、その当事者が期日に出頭しなくとも、他の当事者が期日に出頭してその調停条項案を受諾すれば、当事者間に合意が成立したものとみなされる(同法16条)。


低金利の融資

が最近よくHPで低金利ローンの業者をよく見かけるのでもし、本当に年利1%等だったら借り替えようかと考えるのですが、何となく不安(怪しい業者)に思えます。登録番号 都(1とか2)の業者ばかりで。。。本当にこんな低金利で融資して(続きを読む)


低金利が続いてますが。

低金利が続いてますがなぜでしょうか?低金利を続けてもいっこうに景気は良くないですが、何か意味はあるのでしょうか?(続きを読む)


超低金利は何時まで続くのでしょうか?

超低金利の原因をわかりやすく教えてください。(続きを読む)




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1158-5aedf625
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。