破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 復権 自己破産

不完全履行

* 不完全履行の要件

1. 債務の履行はあったものの履行が不完全なものであること

商品の数量が足りない場合や品質基準に満たない場合、あるいは安全配慮義務など付随義務が完全でない場合などである。なお、特定物債権の場合には弁済者は目的物が毀損している場合でも引渡時の現状で目的物を引き渡せばよく(483条)、この場合には善管注意義務違反や瑕疵担保責任の問題として扱われる。

2. 債務者に帰責事由が認められること
3. 違法性が認められること

* 不完全履行の効果

1. 追完請求権・瑕疵修補請求権
2. 損害賠償 - 損害賠償の内容は遅延賠償である。
3. 契約の解除 - 追完が可能である場合には履行遅滞に準じた扱いとなり催告が必要となるが、追完不能の場合は履行不能に準じた扱いとなり催告は不要であると考えられている。

* 積極的債権侵害

通常の不完全履行とは異なり、履行を行う弁済者が注意義務などの付随義務を怠ったために債権者に損害を与えることがあり積極的債権侵害と呼ばれる。家畜として飼われるヤギの売買契約において売主が伝染病にかかったヤギを給付したために、買主のもとで飼育されていたヤギにまで伝染病が感染してしまった場合などである。本旨に従った履行がなされなかったことにより、債権者が被った損害のうち、債権者が履行の受領前から持っていた財産に対して生じた損害を拡大損害という。付随義務違反により拡大損害を生じた場合には、その部分についても損害賠償が認められることになる。
財産法の構成

財産法が対象とする法律関係に関するルールは、所有関係に関するルール(所有権に関する法)、契約関係に関するルール(契約法)、侵害関係に関するルール(不法行為法)に分けられる。このうち後2者を統合して、特定の者が別の特定の者に対し一定の給付を求めることができる地位を債権として抽象化し、残りについて、物を直接に支配する権利、すなわち特定の者が全ての者に対して主張できる地位である物権という概念で把握する構成が採用されている。

そして、債権として抽象化された地位・権利に関しては、債権の発生原因として契約法にも不法行為法にも該当しないものがあるため、そのような法律関係に関する概念が別途立てられる(事務管理、不当利得)。物権に関しても、所有権を物権として抽象化したことに伴い、所有権として把握される権能の一部を内容とする権利に関する規定も必要になる(制限物権)。また、物権と債権に共通するルールも存在する(民法総則)。


特定調停の実際

調停委員会は、第1回期日において申立人から家計の状況を聴取し、支払原資を確定して、第2回調停期日において調停条項案を作成する。これを期日間に各債権者に提示して意向を聴取し、第3回調停期日において各債権者との調整を行い、その結果に基づいて17条決定をする例が多い


自己破産後の復権とは?

を考えています。復権と言うのでしょうか?今の興味はお金で困って居る人をなんとかしたいと言う思いが有ります。しかし、ご存知のように自己破産者は公的資格になる事はできません。いつ復権するのか?が(続きを読む)


警備員の破産について

破産すると警備員が出来ません。破産免責が下りれば(破産者ではなくなるので)また警備員として働けるでしょうか?復権を得るまで出来ないともあるのですが、何年もかかりますか?(続きを読む)


破産したのですが、復権について・・・・

の道を考えていたところ、資格がとりたいと思っていろいろ調べていたら、資格によっては破産者で復権を得ないものはだめという一行がありました。『破産者で復権を得る』というのは、具体的にはどの時期をい(続きを読む)




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1160-050416e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。