破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連邦 破産法

家具リース金融(家財リース業者)

債務者の家具等の生活必需品を買い取ったとし、それを「リースする」と称して「リース料」を要求する行為をいう。
「リース料」が滞ると家具等が持ち去られる。実質的には、家具等は担保でありリース料は利息に相当する。貸金業の登録はせず、古物商の許可を得ている業者が多い。



連邦破産法が適用された場合、個人の所有する株券の価値は?

連邦破産法が実施された場合、個人の株主が所有する株の資産価値は、どうなるのか?何か保護されているのか?紙切れ同然となってしまうのか?再起を待って、そのまま保有するのか?良く分からないのですが、よろしくお願い(続きを読む)


有限会社でも破産法の適用があり債務の免責が可能?

有限会社でも個人のように破産法の適用があり債務の免責が可能でしょうか?法的な根拠も併せて教えてください。よろしくお願いします。(続きを読む)


新破産法について

新破産法が制定され、旧破産法にあった「破産の宣告」という文言がなくなり、新たに「破産手続き開始の決定」という文言が使われるようになったようです。新破産法に関する整備法では、諸法の「破産の宣告」という文言が(続きを読む)


銀行系消費者金融

設立当時は専業の消費者金融よりも金利が10%前後も低いことと、銀行系であることを強調した宣伝を行っていたが、最近では、専業大手も大手銀行系グループの一員となったり、概ね2007年以降に契約した新規顧客に対してはグレーゾーン金利を撤廃して銀行系金融業者と同等以下の金利に引き下げる等の施策を行った結果、両者の差異はほとんどなくなり、現在では専業と銀行系の区別と存在意義は曖昧なものとなってしまっている。


裁判所の関与

調停委員会が当事者に対し調停条項案を提示する場合には、当該調停条項案は、特定債務者の経済的再生に資するとの観点から、公正かつ妥当で経済的合理性を有する内容のものでなければならない(同法15条)。




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1163-a75012d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。