破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産者 資格制限

債務者に対する関係において、債権者は次のような権能が認められる。

1. 給付保持力:債権者は債務者の給付を受領し、自分の財産として保持することができる。
2. 給付請求力:債権者は、債務者に対して給付を請求することができる。
3. 強制力:債権者は、債務者が履行しない場合裁判所に履行を請求することができる。
4. 損害賠償請求権(民法第415条)
5. 妨害排除請求権
6. 債権者代位権(第423条)
7. 詐害行為取消権(債権者取消権ともいう)(第424条)
8. 掴取力:債権者は、債務者の一般財産に対して終局的に支配することができる。

現実的履行の強制(強制履行)

Aに対し訴訟を提起して判決を取得した上で、強制執行する方法(第414条)。単に所有権移転を求める債権があるだけでは物権は移転しないことは前述のとおりであるが、債権であっても強制履行手続に至れば物権の移転が生じうる。


ETCカードは破産者でも…

はじめまして。タイトルどおりETCカードは破産者にも発行されますか?たまにチラシを見ていると、ETCカードノミの物が写真に写っています。これもカード破産者には、取得不可能な物ですか?もし、お解かりの方教えてください。(続きを読む)


破産者

破産者とは、破産免責が下りている人をさすのですか?それとも、破産の手続きに入った時点で、その人をさすのですか?(続きを読む)


自己破産者は代表取締役になれますか?

すみませんが教えてください。ネットで「自己破産者は代表取締役になれるかどうか?」を調べたところ、旧会社法や新会社法の記載をめぐり、自己破産者であっても代表取締役になれるという説や、半年の免責事項後には代表取締役にな(続きを読む)


調停委員会の組織と権限

特定調停においては特定債務者の返済総額を一定の基準に従って圧縮するのが通例であるが、その圧縮計算のために、特定債務者と債権者との間の取引経過を明らかにする必要がある。必要な資料はすべて特定債務者に交付されているはずであるが(貸金業法17条、18条)、実際にはそのほとんどを紛失している特定債務者が多い。このため、調停委員会は、上記の各規定を根拠に、貸金業者に取引経過の開示を要請し、必要な資料の収集に努めている




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1168-45d91504
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。