破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能人 借金

紹介屋

多重債務者に「まだ借りられる業者を紹介する」などといって、高額な紹介料を取る業者のことをいう。出資法では紹介料は契約額の5%以下に規制されており、それを超えるものは違法である。紹介屋と紹介された金融業者は、提携していることもあるが、無関係なこともある。
雑誌などに広告を出している金融業者(多くはトイチといわれる業者)の中には融資の申し込みを受けて審査をしているように装い、「自分のところでは融資が出来ないが、他の融資出来る業者を紹介する」といって適当な業者を紹介(もちろんただ会社名を教えるだけでその会社とはなんの関係もない)し、高額な紹介料を払わせるものもいるので注意が必要。
このように紹介すると偽って紹介料を収受し、金融業者に対しまったく紹介行為を行っていないケースが多いが、これはもちろん刑法上の詐欺罪に当たる。このような場合でも当該多重債務者は金融業者から借入ができてしまうことがあり、紹介屋に感謝することになるが、これはそもそも紹介がなくても借りることができる(審査が通る)経済状態だったから借りられたに過ぎない。


代償請求権

民法は危険負担の制度を設けているが、債権者主義が適用される場面(上記2の、別荘を売買したが焼失した例)において、現実には保険によって処理されることも多い。つまり、売主の引渡債務の目的物である不動産が焼失しても火災保険(損害保険)に入っていれば保険金がおりる。このとき、本来なら危険を負担することになる債権者には、焼失した不動産の代わりにこの保険金を自己に引き渡すことを請求することができるという代償請求権が判決例によって認められている。これは、最終的には保険会社が危険を負担しているともいえる。

また、上記2の例において、契約当事者ではない第三者が放火したことによって別荘が焼失していた場合でも、売主(A)はその放火した者(加害者)に対して不法行為に基づく損害賠償請求権を取得するから、買主(B)はその債権を引き渡すこと(債権譲渡)や、それによって得た賠償金を引き渡すことを請求できる。この場合、最終的な危険は放火した第三者が負うことになる。


国の借金です。国の借金について知りたいです。

国の借金は2008年度末時点で846兆4970億円に。という文字を見かけました。国の借金はどれぐらいまでできるんですか?借金は返済できるんですか?(続きを読む)


免責決定後の借金取立て

に免責が決定したのですが、最近になって個人的に借金をしていた相手から取り立てが来ました。当然その人への借金も含め自己破産したのですが、個人的な借金の場合免責が決定しても返済しなければならないのでしょうか(続きを読む)


日本の借金は795兆円らしいですが・・・

日本の借金は、795兆円。国民一人当たり、国民1人623万円もあるのに、株価は順調に伸びているのをみて不思議に思ったんですが、国民一人が今、600万以上の借金を実際に背負った場合、大多数の人が破産に追い込ま(続きを読む)


近年の金融庁による指導など

2006年10月20日:「レイク」は、債務者の依頼を見落とし勤務先に督促の電話をかけたとして、金融庁から11月13日から11月17日までの5日間業務停止命令(東京と大阪の電話サービスセンターが対象)を受けた。




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1174-697107ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。