破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連邦破産法 日本

家具リース金融(家財リース業者)

債務者の家具等の生活必需品を買い取ったとし、それを「リースする」と称して「リース料」を要求する行為をいう。
「リース料」が滞ると家具等が持ち去られる。実質的には、家具等は担保でありリース料は利息に相当する。貸金業の登録はせず、古物商の許可を得ている業者が多い。



中国

中華人民共和国では、2009年5月現在法的に消費者金融は認められていないが、2009年5月12日、中国銀行業監督管理委員会は消費者金融の制度導入に向けたパブリックコメントを開始した


キャッチフレーズ

集客のために、多くの会社がキャッチフレーズを決めている。「返済を計画的にしましょう」、といった表現がされているものが多く、CM内で使われているのもあれば、店頭で使われているのもある。

* プロミス - 黄色い看板プロミス→相談できるプロミス→チェックしてプロミス→「マネーにもマナーを。」
* アコム - はじめてのアコム→「ちゃ~んと、アコム。」→「『計画的に』計画、始まる。」
* レイク - フレッシュ計画レイク→「事前にしっかりチェック!」→「余裕のあるご返済を」
* 武富士 - 「¥SHOP(エンショップ)」
* ディック(現在事業廃止中) - 「話せる! ディック。」→「あなたに、グッドバランス。」
* 三洋信販 - 「まじめにきちっと。」
* しんわ(現在事業廃止中)- 「あんしんはしんわ。」
* アイフル(現在キャッチフレーズ無し) - 「どうする? アイフル!」
o トライト - 「ファイト! ファイト! トライト!」

かつては野球場にも多く広告掲示があったが、2003年に東京ドームが4社あったものを契約満了で全廃してから、横浜スタジアムや千葉マリンスタジアムなど、各地でこれに追随する動きが相次いでいる。


アメリカの連邦破産法についてお尋ねします。

最近ニュースで出てくるアメリカの連邦破産法第11条と呼ばれる法律。アメリカの企業が経営破綻したときに適用され 再建を目指す場合に申請するという事ですが、 日本で言うと会社更生法や民事再生法に良く似た内容と 理解していいん(続きを読む)


円相場変動

以下のような文面を読んだのですが、なぜ円買いになるのでしょうか?「米通信大手ワールドコムが米連邦破産法11条の適用を申請したのを手掛かりにした円買いが入り、115円台後半まで上昇する場面もあった。」(続きを読む)


GMが破綻すると円高になる?

クライスラーが破綻した時は連邦破産法の保護下で運営させる事が好感が持たれ円安に少し円安になりました。GMが破綻した場合はどうなるのでしょうか?リーマンの時と同じように株が急落し円高の傾向に進むのでしょうか(続きを読む)




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1177-cfc351b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。