破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産者 ローン

整理屋

多重債務の整理をするといって、高額な手数料を取る業者のことをいう。弁護士以外はこのような行為を行なうことができないので(非弁行為。弁護士法72条、77条3号により最高2年の懲役又は最高300万円の罰金)、弁護士と提携している整理屋もある。
弁護士が非弁行為を行う者と提携することも犯罪である。弁護士法27条、77条1号により最高2年の懲役又は最高300万円の罰金。名義貸しも禁止されている。このようなものを“提携弁護士”と呼ぶことがある。
弁護士が行う債務整理と異なり、利息制限法などを用いた適正な処理がなされないことが多く、債務者は必要以上の不当な負担を負わされることになる。なお、2003年の法改正により、(認定)司法書士もこのような業務(債務整理)を行うことが認められているが、訴訟代理権などに一部制限がある。



裁判所の関与

特定調停に代わる決定は、特定調停の成立事由の事実上の原則形態となっている。これは、手続が簡易迅速であること、裁判所の事務処理基準を正面から条項に反映させ得ること、貸主側の内部決裁を得やすい(調停担当者の判断で譲歩したというよりも、裁判所が譲歩を要求したという方が、決裁権者の理解を得やすい)ことなどによるものであろう。


弁済の提供の方法

弁済の提供(493条)は、原則として現実の提供でなければならない(例えば持参債務の場合)が、例外的に口頭の提供で足りる場合もあり(同条但書)(債権者の行為を要する場合(取立債務)や債権者が受領を拒む場合)、さらに口頭の提供も必要ない場合もある(拒絶の意思が明確である場合)。


破産法の破産者の範囲

「破産者」とは、債務者であって、第三十条第一項の規定により破産手続開始の決定がされているものをいう。において、「破産者」の定義が定められていますが、法人が破産した場合には、どこまでが「破産者」(続きを読む)


破産者リストについて

自己破産した場合本籍地・市町村役場の破産者リストに載ると本に書いてありました。本籍地の市役所ホームページをみたのですが、本庁・各支所と別れています。各支所のレベルで破産者名簿を管理しているのでしょうか?あと、住民(続きを読む)


身分証明書の禁治産者、破産者について

までは、本籍地管理の身分証明書には禁治産者と準禁治産者の項目しかありませんでしたが最近これに破産者の項目が加わりました。これの経緯と破産者の記述といわゆる裁判所の破産宣告の関係、および禁治産者と法務局の成年後見人登(続きを読む)




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1178-b9994127
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。