破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 登記 自己

履行不能

* 履行不能の要件

1. 債務成立後に債務の履行が客観的に不可能となること

後発的不能といわれ債権発生前に履行が不可能となる原始的不能とは区別される。また、「不可能」とは物理的に履行が不可能になった場合だけでなく、事実上不可能になった場合も含まれる。

2. 債務者に帰責事由が認められること
3. 違法性が認められること

* 履行不能の効果

1. 損害賠償 - 損害賠償の内容は填補賠償である。
2. 契約の解除(履行遅滞の場合と異なり催告は要件とされていない、543条)
破産手続き開始を登記=解散登記済は同じことですか

登記され、手続きの終了まで今後数ヶ月かかりそうです。それで、共済金の請求事項として解散登記済みの登記簿謄本となっているのですが、破産手続きが終了していないうちは、役員として掛け金を掛け続けても認められるものでしょうか。破産(続きを読む)


株式会社の権利義務取締役

退任の登記をすることになると、テキストに説明されているのですが、この欠格事由とは、定款で定めた欠格事由も含まれるのでしょうか??また、権利義務取締役の者が「破産手続開始の決定を受けた」場合は、同様に退任の登記が(続きを読む)


土地相続の所有権移転登記の際の個人情報について

し、近日に土地の所有権移転登記の申請をする予定です。それでご教示頂きたいのですが、申請の際、私の破産・免責の過去が身内に知られることはありますでしょうか?事情があり、破産の件は妻も母も弟も(続きを読む)


弁済の提供がなかった場合
弁済の提供がなかった場合で期限を徒過する等があり、債務者に帰責性がある場合は、債務不履行となる。弁済の提供がなかった場合で債務者に帰責性がない場合は債務は存続する。(不能になったときは債務は消滅する。)ただし、双務契約から生じた債務の一方が不能となって消滅した場合で、債務者に帰責性がない場合は、危険負担の規定(534条、535条、536条)が適用され、他方の債務も消滅する場合がある。(ただし、危険負担は任意規定)



消費者金融 概要

出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)に基づく範囲内の金利で貸し付けるもの(最高年利29.2%、ただし閏年は最高年利29.28%。)と、これ以上の金利で貸し付けるもの(いわゆる闇金融)がある。但し、貸金元本が10万円未満は年利20%、10万円以上100万円未満なら年利18%、100万円以上なら年利15%を上限とする利息制限法は、罰則はないものの強行規定(強行法規)である。強行規定は、公序良俗を具体化したものであり、公の秩序を維持し、取引上の弱者を保護することを目的とすることから、罰則の有無にかかわらずこれを遵守しなければならないとされる。契約について強行規定に反する部分は無効となる。




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

消費者金融5社一括お申込み!

キャッシングでお困りの方を応援します!



融資審査…その前に仮審査うけてみよう!


コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/1179-e0cb491c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。