破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 申請 破産手続き

利息の計算はいたって簡単です。

例えば、10万円を年利29.2%で1年間借りたとしましょう。

利息は、借りる金額 × 年利

で計算できますので、計算すると、

100,000円 × 0.292 = 29,200円

となります。

つまり元金が一切減らない場合の利息は単に金額に金利(実質年率)をかけるだけです。

それでは、借入れ日数が1年に満たない場合の金利はどのように計算されるのでしょうか。

以下の数式をご覧ください。

利息 = 借りる金額 × 年利 ÷ 365日 × 借りる日数

となります。

仮に、年利29.2%で10万円を60日借りる場合の返済金額を計算してみます。

( 10,000円 × 0.292 ÷ 365日 × 60日 ) + 10,000円 = 104,800円

まず、10万×29.2%で年間の金利が出ます。これは年間ですので一日当たりは365日で割ることで出ます。

60日間での返済ですので365で割った一日あたりの金額に60を掛けて60日分にすれば計算ができます。

つまり、一括で支払う場合、60日後の返済金額は10万4800円となります。

※リボルビング方式により上下することがあります。

ただし、この利率は各社サービスによって異なりますし、特典や、割引サービスを実施している場合もあります。あなたの利用の仕方に最も合った業者・サービスを選ぶことが必要です。

実際には、元本は順次返していきますので、利息が変化します。

10万円を29.2%で借り、1回目の返済日を30日後、元本を2万円返すなら

30日後の利息は、10万円×29.2%÷365日×30日=2400円

元本を2万円返すから、返済額は22,400円

元本を2万円返済したので、借り入れ残金は8万円

また、30日後に同じように「2万円+利息」を返済するとすれば、残金8万円に対して

年率29.2%がかかるので、次の30日間でかかる利息は

8万円×29.2%÷365日×30日=1920円

となります。

以下はこの繰り返しで、元本を多く返せばその分当然支払う利息も、少なくてすむことになります。



オリジナルページ:キャッシュページ
http://cashpage.ddo.jp/contents-15.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-02-06 ]
http://www.freearticle.jp/contents-99.htm

親会社が破産法を申請している子会社について

く営業を継続していけるものなんですか? "破産"は民事再生法等とは違い営業活動を行わなず会社を閉めてしまうイメージなんですが・・・・ 破産法を申請すると言う時点で...(続きを読む)




サントリーがベトナム進出




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/2337-d32f0fc4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。