破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 クレジットカード 破産宣告とは

闇金融の例

無登録業者からの勧誘ダイレクトメールの例

※財務局などから無登録業者として公表、あるいは経営者が摘発されたものの一例。当然ながら社名にある大手企業とは一切無関係である。中には前述のように、大手企業のロゴやイメージカラーを無断で使用したものもある。なお右図にある金融会社もアプラスとは無関係の闇金融であるためアプラスの公式サイトでも「当社と一切関係ないので注意するように」と呼びかけている。

* ゼロックス
* 救心
* ワコール
* エーベックス
* 富士通ファイナンス
* 三菱第一信用
* ヤンマークレヂット
* みずほ総合信販
* みずほトラディショナル
* 日本信販ファイナンス
* 三菱重機レンタル
* アリコクレジット
* JOMOファイナンス
* JR東日本信販
* サンケイ信販
* 三井住友ファイナンス
* 日興コーディアルファンド
* JAL信用信販
* 東芝クレジット 東芝ファイナンスの旧商号を利用したもの

また、最近見かけるケースでは、一見、大手消費者金融と全く同じ名称の広告DMに見える郵便物(官製はがきで印刷されることが多い)を使い、書かれているフリーダイヤルに電話をかけると実際は闇金融で違法な取立てに苦しんでいるという事件も多発している。

これらはその金融会社の住所が全く記載されていないか、記載先の住所と消印の郵便局の所在地が明らかに掛け離れている(本社が東京都豊島区と書いてあるのに消印が広島市内や横浜市内の郵便局である等)のと、官製はがきに大手消費者金融の広告をそのまま市販のスキャナーで取り込み、電話番号を書き換えた上でカラープリンターでカラーコピー印刷をしただけの粗悪なものがほとんどなので区別は可能であるが、大手の消費者金融の広告と勘違いしてしまうケースが多い。大手・準大手の消費者金融のほとんどはダイレクトメールでの融資の勧誘を一切行っていないので、これらを名乗るダイレクトメールは偽物と考えてよい。


自己破産とクレジットカード

自己破産直後にクレジットカードを作る事は不可能なのでしょうか?(続きを読む)




アップル iOS責任者が退任へ




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ←1ポチお願いします

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/2345-ce333c6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。