破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 予納金 自己破産

不完全履行

* 不完全履行の要件

1. 債務の履行はあったものの履行が不完全なものであること

商品の数量が足りない場合や品質基準に満たない場合、あるいは安全配慮義務など付随義務が完全でない場合などである。なお、特定物債権の場合には弁済者は目的物が毀損している場合でも引渡時の現状で目的物を引き渡せばよく(483条)、この場合には善管注意義務違反や瑕疵担保責任の問題として扱われる。

2. 債務者に帰責事由が認められること
3. 違法性が認められること

* 不完全履行の効果

1. 追完請求権・瑕疵修補請求権
2. 損害賠償 - 損害賠償の内容は遅延賠償である。
3. 契約の解除 - 追完が可能である場合には履行遅滞に準じた扱いとなり催告が必要となるが、追完不能の場合は履行不能に準じた扱いとなり催告は不要であると考えられている。

* 積極的債権侵害

通常の不完全履行とは異なり、履行を行う弁済者が注意義務などの付随義務を怠ったために債権者に損害を与えることがあり積極的債権侵害と呼ばれる。家畜として飼われるヤギの売買契約において売主が伝染病にかかったヤギを給付したために、買主のもとで飼育されていたヤギにまで伝染病が感染してしまった場合などである。本旨に従った履行がなされなかったことにより、債権者が被った損害のうち、債権者が履行の受領前から持っていた財産に対して生じた損害を拡大損害という。付随義務違反により拡大損害を生じた場合には、その部分についても損害賠償が認められることになる。 自己破産での相談

東京と横浜のみ少額管財手続(予納金が必要)では免責不許可事由があっても確実に免責になる様なのでが他県に住んでいると東京や横浜の地裁へ申し立ては出来ないのでしょうか。 免責...(続きを読む)




ファストフィッシュ浸透狙う




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

借金系ランキングへ←借金系ブログ多数掲載

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/2436-080ec49c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。