破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産更生債権 仕訳

キャッシングの審査といえば、最近ではスピードキャッシングが当たり前のように考えられており、その分簡単な審査を行っているんだろうと誤解されがちですが、そうではありません。



その裏側では、非常に複雑な条件判断がなされています。



審査とは、いわゆる、「いくらまでその人にお金を貸せるか」を判断することなのですが、言い換えれば、「その人がいかに信用に足る人間なのか=その人の信用」を判断することでもあります。



これを判断する方法として最も簡単なのは、その人が、過去、どのようにキャッシングを利用してきたかを調べることです。これは、信用情報機関に照会すれば、すぐに調べることができます。



そして、次に、属性モデルの分類ということが行われます。



これは、その人の申し込み情報をもとに、ある共通パターンに該当するかどうかを調べ、その後の行動予測を予め取ってしまうということです。



これは、それぞれの消費者金融のノウハウでもありますが、現在ではかなりの高確率で、その人がその後完済するのか、滞納するのか、逃げてしまうのかといった予測ができるようになっています。



多いところでは90パターンもの分類に分ける企業もあるようです。



主に、以上2つの情報が判断材料となるのですが、そこから導き出された答えが金額に換算され、あなたに伝えられることになります。







オリジナルページ:キャッシュページ

http://cashpage.ddo.jp/contents-20.htm



出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]

著者:htkt [ 作成:2007-02-15 ]

http://www.freearticle.jp/contents-127.htm

貸倒引当金繰入額の計上について

貸倒引当金50万の仕訳を追加するだけでよいのでしょうか? 「破産更正債権」勘定を使用する必要があるのでしょうか? 個別評価金銭債権の貸倒引当金と、前期で計上した一括評価...(続きを読む)




TPP「大筋合意」の表現なしか




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

借金系ランキングへ←借金系ブログ多数掲載

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/2553-851ecb48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。