破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産法 act

お金を借りる際には、「審査の難易度と金利は反比例」します。



つまり、金利が高ければ審査は易しいですし、金利が低いと審査は厳しくなるということです。



これは、キャッシングに限らず、全てのローンにあてはまります。



金融機関別に、利息(実質年率)の安い順に並べると以下の順になります。



銀行、信金、労金:7%程度---審査厳しい



カード、クレジット系:8%~18%---審査中位



消費者金融・商工ローン系:18%~29,2%---審査易しい



審査が厳しいということは、本当に信用に足る人が厳選される、ということです。



信用力が高い、ということは、金融機関にとって、貸し倒れになるリスクが少なくなります。



ですので、低金利の設定でも、その企業は利益を上げることができます。



反対に、審査が易しいということは、その逆がいえます。



お金を貸しても、返してもらえなければマル損です。



つまり、高い金利を設定するということは、利益を得るということだけが目的なのではなく、貸し倒れた場合の保険料をかけておかなければいけないという側面もあるのです。







オリジナルページ:キャッシュページ

http://cashpage.ddo.jp/contents-94.htm



出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]

著者:htkt [ 作成:2007-02-15 ]

http://www.freearticle.jp/contents-128.htm

破産法第165条(執行行為の否認)について

お世話になります。 質問ですが、 破産法第165条(執行行為の否認)の条文は、 否認権は、否認しようとする行為について執行力のある債務名義があるとき、又はその行為が執行行為に基づ...(続きを読む)




公共インフラ 進む外資参入




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

借金系ランキングへ←借金系ブログ多数掲載

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/2600-774bd94b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。