破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金利

住宅ローンの金利、固定か変動か新築で戸建ての建築を計画しており、地元の地方銀....
住宅ローンの金利、固定か変動か新築で戸建ての建築を計画しており、地元の地方銀行で2,500万の融資が通りました。来週あたりに契約に行こうと思っていますが、銀行の担当者からは、「固定期間10年の変動金利でのご利用をお薦めしています。」と言われています。私は、全期間固定を希望しましたが、「それでは金利が3%を超えてしまいますよ。」と言われました。ちなみに、それぞれの適用の金利で試算してもらったところ、35年全期間固定の場合:約97,500円/月固定期間10年の変動金利:約94,500円/月その差は約3,000円/月 程度です。リスクを伴う変動ならば、今現在の返済額が全期間固定に比べもっと低い金額ならば納得できます。「10年後の元金の残り方に大きな差がある。」とも言われ、担当者の方もプロですから、私のわからない部分を踏まえてアドバイスしていただいていると思うのですが、素人なもので、意味がよく理解できません。さらに、「ここ一年くらい、35年固定の契約は結んだことがありませんよ。」と、不思議そうな反応をされました。私としては、月々の返済額が多少多くても、返せる範囲内なら、将来に渡って返済額が確定していた方が安心なのです。42歳サラリーマンで、勤続12年目、年収は約650万円土地は先日購入し、1,000万を35年の変動で約32,500円/月の支払いがスタートしています。このときは何もわからないまま、担当者にお任せで変動にしましたが、今後の金融情勢に不安もあり、いろいろ勉強してから契約したいと思います。バンバン繰り上げ返済をする余裕も無さそうですし、現時点では私は全期間固定を希望しますが、単に私が無知で理解不足なだけの場合もありますので、どなたか、35年の全期間固定よりも、月々の返済額にさほど差が無い10年固定を薦める理由をご教授いただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。(続きを読む)


新居購入時の住宅ローンの非常に安い金利について
新居購入時の住宅ローンの非常に安い金利について現在新築一戸建ての住宅の購入を考えています。某都市銀行から3800万円の借り入れ35年ローンで金利は変動で1,4%(35年間1,47%優遇されるローン)でどうかと提示されています。安い金利に思わず飛びつきそうになりましたが、銀行員の知人に相談した所、確かに安いが35年ローンの間に景気がどうなるかわからないので、少しでも安い固定金利にしてはどうかと勧められました。不動産屋の意見では変動金利1,4%で購入して、もし景気が良くなって金利が2%や3%上がるようなら、物件の資産価値も上がるはずなので売却して住み替えられてはどうかと勧められています。みなさん変動金利1,4%は無謀だと思いますか?(続きを読む)


高金利商品を教えてください
高金利商品を教えてください高金利商品を教えてください たとえば、定期預金、財形貯蓄、国債等 条件 元本割れはしない商品 資金100万円 預入期間は問いません (続きを読む)


住宅ローン借り入れの金利
住宅ローン借り入れの金利年収350万円で3200万円の住宅を購入しようと思っています。頭金はなしで3200万円+諸費用で3400万円借り入れます。月々の返済は8万円程度に抑えることが可能らしいのです。通常の金利ではありえないのですが、なんと0.18%の金利で借りれるとのことです。35年ローンで支払い総額が3600万程度です。3000万円の新築なんて到底不可能と思っていたのに、こんな良いお話をしてくれました。他の会社では絶対に不可能な金利ですが、自社なら出せると言うことです。しかもその人だから出せるらしいのです。信用しても大丈夫なんでしょうか??ご意見お願いいたします。(続きを読む)


住宅ローンの固定金利の設定について
住宅ローンの固定金利の設定についてローンを組む際、何年固定かプランを決めると思います。果たしてどんなプランが、今現在の予測では一番最適かと思いますか?友人は3年固定にしたらしいですが、これから金利は上がる一方だなんて声も聞くのに、怖くないのかなぁと思います。それとも何か利点あっての決断なんでしょうか??1年?とゆうのもあるらしく、それは初年度はすっごく安価だけれど3年間中には3万円くらいアップしてしまうなんて話しも聞きました。プラン設定が、もっとも重要だと思いますので、詳しく教えて下さい。どうせなら少し高くても35年固定にした方が、返済額のアップダウンに脅されることもなく、安心かなぁなんて安易な考えでいました。実際のところ、どうなんでしょう???それと銀行ローンだと、施行と同時にローンが始まってしまうのですか?とゆうのは、現在アパート住まいなので、家賃と住宅ローンのダブルではとっても無理だと思うのです。引き渡しと同時にローン発生ならばまだしも。みなさんはどんな金融でどんなプランを組んでますか?金利はどこが一番いいのかなど どんな事でもいいので良い点、悪い点を並べて教えて下さると大変嬉しいです!(続きを読む)



低金利
日銀の白川総裁が、金融危機の背景には、04年以降に世界経済が低インフレのもとで5%近い高成長を続けたことに加え、日本も含めて低金利状態が続いたことがあると指摘していますが、なぜ5%近い高成長と低金利が金融危機の背景となるのでしょうか? ...(続きを読む)


金利
キャッシングを利用する際には、低金利や限度額などが1番重要視されていますが、こういった点にも注意してキャッシング会社を選ぶのも賢く借入れするコツの一つになります。 特に、低金利で借りる方法として最適なのが、大手消費者金融キャッシングに . ...(続きを読む)


スワップ&マネックスFX
外為相場から読み取るスワップ金利動向【FX金利チャート】 | 短期取引|長期取引 FXスワップ金利狙いの注意点 | スワップ金利分散方法~リスク分散の裏ワザFX~ | スワップ金利相場予想~FXスワップ金利だけで生活費を捻出~ | FXスワップ ...(続きを読む)


低金利キャッシングを捜します。
低金利キャッシングを利用する理由は,なんといっても金利の利息がほかのキャッシングと比べて比較的安いので,安心できるという点です。キャッシングでの,金利の少しの差は,一見対した額に思えないかもしれませんが,普通のキャッシングを利用するの ...(続きを読む)


今後、NZDの見通しは!高金利通貨の魅力減少!
高金利通貨の代表格とも言えるNZD! 今回はNZDの見通しについてコメントしたいと思います! 今週はシティグループ救済報道や、オバマ新大統領がガイトナーNY連銀総裁を財務長官に指名したことが好感され、 円売りの展開となっています ...(続きを読む)



中国が貸出金利と預金金利を引き下げ、預金準備率も引き下げ
ロイター
指標となる貸出金利と預金金利をそれぞれ1.08%ポイント引き下げ、27日付で実施する。 1年物貸出金利は6.66%から5.58%、1年物預金金利は3.60%から2.52%に引き下げられる。貸出金利の引き下げ幅は1997年10月以来最大。 ...(続きを読む)



コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/262-c105e3dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。