破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 退職金 物上代位

利息の計算はいたって簡単です。



例えば、10万円を年利29.2%で1年間借りたとしましょう。



利息は、借りる金額 × 年利



で計算できますので、計算すると、



100,000円 × 0.292 = 29,200円



となります。



つまり元金が一切減らない場合の利息は単に金額に金利(実質年率)をかけるだけです。



それでは、借入れ日数が1年に満たない場合の金利はどのように計算されるのでしょうか。



以下の数式をご覧ください。



利息 = 借りる金額 × 年利 ÷ 365日 × 借りる日数



となります。



仮に、年利29.2%で10万円を60日借りる場合の返済金額を計算してみます。



( 10,000円 × 0.292 ÷ 365日 × 60日 ) + 10,000円 = 104,800円



まず、10万×29.2%で年間の金利が出ます。これは年間ですので一日当たりは365日で割ることで出ます。



60日間での返済ですので365で割った一日あたりの金額に60を掛けて60日分にすれば計算ができます。



つまり、一括で支払う場合、60日後の返済金額は10万4800円となります。



※リボルビング方式により上下することがあります。



ただし、この利率は各社サービスによって異なりますし、特典や、割引サービスを実施している場合もあります。あなたの利用の仕方に最も合った業者・サービスを選ぶことが必要です。



実際には、元本は順次返していきますので、利息が変化します。



10万円を29.2%で借り、1回目の返済日を30日後、元本を2万円返すなら



30日後の利息は、10万円×29.2%÷365日×30日=2400円



元本を2万円返すから、返済額は22,400円



元本を2万円返済したので、借り入れ残金は8万円



また、30日後に同じように「2万円+利息」を返済するとすれば、残金8万円に対して



年率29.2%がかかるので、次の30日間でかかる利息は



8万円×29.2%÷365日×30日=1920円



となります。



以下はこの繰り返しで、元本を多く返せばその分当然支払う利息も、少なくてすむことになります。







オリジナルページ:キャッシュページ

http://cashpage.ddo.jp/contents-15.htm



出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]

著者:htkt [ 作成:2007-02-06 ]

http://www.freearticle.jp/contents-99.htm



自己破産したら預金していた退職金はどうなるの

従兄弟が昨年11月に自己破産しました。 私は、連帯保証人になっていたため、信用保証協会から400万近くの請求がきており、今年2月に退職金の一部で100万を入金しました。 しかし、その後...(続きを読む)




GMリコール拡大 女性CEO試練




1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

借金系ランキングへ←借金系ブログ多数掲載

スポンサー

融資審査…その前に仮審査うけてみよう!



破産、借金問題解決へ

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/2639-bcc79c40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。