破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連邦破産法

システム金融


複数のシステム化された業者による次のような行為をいう。
ある業者が個人事業者や零細事業者を相手に小切手や約束手形を担保として高金利の貸し付けを行なう。借主の返済が滞ると、最初の業者が別の業者を紹介したり、別の業者からダイレクトメールや電話での勧誘があり、今の借金を新たな借金で返済するように勧められる。これに応じると、借主は借金と返済を繰り返し、急激に債務が拡大してしまう。しかし、借主は小切手や約束手形を担保に取られているので、不渡りを恐れて業者の言いなりになる。



権利の主体

民法において、権利の主体は人である。ここにいう人には、自然人(人間)と法人がある。

法人とは、人間が集まった集団・団体等について、法律が人間と同様に人格・法主体性を認めたものであり、株式会社等の会社や、社団法人・財団法人等がある。

自然人と法人に人格ないし法主体性があるということは、例えば、金銭支払請求権や、ボールペン、土地・建物の所有権等を有する資格が認められるということである。

これに対して、自然人・法人以外の物(動物等)には、法主体性は認められない。動物は、植物、ボールペン、土地・建物等と同様、物(ぶつ)の一種として扱われる。例えば飼い主が飼い犬にえさを与えても、飼い犬にえさの所有権が認められるわけではない。犬はあくまで飼い主の所有権の客体であって、所有権の主体となることはできないからである。 現代においては、人間は物とはならず、人間が所有権の客体となることはない。


申立て

申立人は、申立てと同時に(やむを得ない理由がある場合にあっては、申立ての後遅滞なく)、財産の状況を示すべき明細書その他特定債務者であることを明らかにする資料及び関係権利者(特定債務者に対して財産上の請求権を有する者及び特定債務者の財産上に担保権を有する者。同法2条4項)の一覧表を提出しなければならない(同法3条3項)。非事業者の個人であれば、こうした資料や一覧表は、各地の簡易裁判所が受付相談の際の資料として作成しているひな形を利用すれば、形式を一応整えることができる。


GMと取引の日本企業、債権回収不能の恐れ相次ぐ

6月になります

経営破綻したGMの日本法人、従来通り事業を継続

GMは連邦破産法を申請するとの話がありますが、今後GM株は上場廃止になるので....

連邦破産法とはなんですか?

米連邦破産法11条と7条にはどんな違いがあるのですか?

連邦破産法第11章を適用した場合のデメリットについて

ビッグ3で連邦破産法第11条を申請したのは、たけし、さんま、タモリの誰なので...

GM、投資会社によるデルファイ経営権取得の資金を提供

gmやクライスラー「破産法の影響限定的」と強調 米新車販売

米の5月失業率、9.4%に 26年ぶりの水準

GM向け128億ドルのつなぎ融資を実行、米財務省

【GM破綻】「ガバメント・モーターズ」 「納税者に株式を」 共和議員が法案提出 (1/4ページ)



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/945-7b0d0631
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。