破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 退職金

債務不履行の効果

債務者が債務不履行に陥った場合、対する債権者がとりうる手段には以下のようなものがある。

* 履行請求権(414条1項)
o 現実的履行の強制(強制履行)
* 契約によって生じた債権の場合には契約の解除(541条)
* 損害賠償(415条)
o 上記二つの手段と合わせて行使できる。

契約の成立

契約は、法律行為(90条以下参照)の一種であり、当事者の意思表示の合致によって成立する。これを分析すると、一方当事者の申込みという意思表示に対して、他方当事者が承諾の意思表示をすることによって、契約が成立する(521条以下参照)。

例えば、Aという人が土地の所有権を有しているときに、Bが「Aの土地を買いたい」との売買の申込みの意思表示を行い、Aが承諾の意思表示を行うと、売買契約(555条)が成立する。このように、契約は原則として当事者の意思表示の合致のみで成立し(このような契約を「諾成契約」という)、たとえ土地・建物の売買であっても、契約書を作成しなくても契約は成立する(もっとも、契約書は売買契約が成立したことの重要な証拠となる)。

ただし、Aが未成年者であるとか、認知症等によって判断能力がないなど、意思能力や行為能力に問題があるときは、Aが財産を他人に食い物にされてしまわないように法律が保護する必要があり、そのために法律行為(契約等)の無効・取消しの制度や、法定代理の制度が設けられている(3条以下参照)。

また、意思表示の過程に詐欺・強迫(脅迫)・錯誤等があると、正常な判断ができないのであるから、このような意思表示についても無効・取消しの制度が設けられている(95条、96条等参照)。



調停委員会の組織と権限

特定調停においては、当事者は、調停委員会に対し、債権又は債務の発生原因及び内容、弁済等による債権又は債務の内容の変更及び担保関係の変更等に関する事実を明らかにしなければならない(同法10条)。調停委員会は、特定調停のために特に必要があると認めるときは、当事者又は参加人に対し、事件に関係のある文書又は物件の提出を求めることができる(同法12条)。当事者又は参加人が正当な理由なくこの要求に応じないときは、裁判所は、10万円以下の過料に処する。また、調停委員会は、職権で、事実の調査及び証拠調べをすることができる(同法13条)。


ヘルシーなスイーツ

今夏ボーナス減額せず! (2)

今日の最新情報

会社が破産し破産債権で退職金を申請していたのですが、管財人から「退職金規定が....

皆様教えるて下さい。 現在、夫の借金(500万円弱)があり自己破産申請中なので...

自己破産と退職金

自己破産審査中に退職金が出た場合は100パーセント弁護士さんにもってかれます....

父が26年勤めていた会社が倒産たのですが、退職金をもらっていません。破産の手....



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/949-ce95d9c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。