破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 事件

概説

貸金業を営む場合は、本来、国や都道府県に貸金業としての登録が必要である。闇金融には、こうした登録を行わず、出資法の制限を超える金利を課したり、人権を無視した取り立て(キリトリ、債権回収業務)を行うもの、または登録はしているが同様の犯罪をおこすものがある。

闇金融は、例えば2万円を貸して10日ごとに1万2000円を利息として支払わせるというような手口が知られている(年利に直すと2190%)。ダイレクトメールや携帯電話などを用いて勧誘したり、スポーツ新聞などに広告を掲載、または電柱、公衆電話などに広告を貼り付ける違法広告も知られている。又、官報などを見て自己破産者などを対象にダイレクトメールを送り付ける場合がある。

当初は非常に低利な融資条件を提示するが、実際に貸す段になると上記のような超高金利を求める、というパターンが多く、保証金などの名目でお金を騙し取り融資をしない融資詐欺(貸します詐欺)もある。

また、主に電機メーカー、自動車メーカー、都市銀行など大手企業、上場企業に酷似した商号(これらの企業とは全く無関係)を名乗って営業を行っていることが多い。



代償請求権

民法は危険負担の制度を設けているが、債権者主義が適用される場面(上記2の、別荘を売買したが焼失した例)において、現実には保険によって処理されることも多い。つまり、売主の引渡債務の目的物である不動産が焼失しても火災保険(損害保険)に入っていれば保険金がおりる。このとき、本来なら危険を負担することになる債権者には、焼失した不動産の代わりにこの保険金を自己に引き渡すことを請求することができるという代償請求権が判決例によって認められている。これは、最終的には保険会社が危険を負担しているともいえる。

また、上記2の例において、契約当事者ではない第三者が放火したことによって別荘が焼失していた場合でも、売主(A)はその放火した者(加害者)に対して不法行為に基づく損害賠償請求権を取得するから、買主(B)はその債権を引き渡すこと(債権譲渡)や、それによって得た賠償金を引き渡すことを請求できる。この場合、最終的な危険は放火した第三者が負うことになる。


自然債務の性質

自然債務は、裁判手続によって実体法上の権利の存否を判断してもらうことはできず(訴求力がない)、従って債務の内容を強制的に実現することはできない(執行力がない)。しかし、債務者が自らすすんで履行した場合、それは有効な履行であって、債権者は、履行された目的物を返還する等の義務を負わない(これを給付保持力という)。


オーラソーマボトル#56”サンジェルマン”に寄せて

邪魔者は抹殺【金正男亡命】足利事件菅谷利和さん無実、ヤクニンは反省 ...

自己破産 職業 債務整理マニュアル

※至急!破産手続開始通知書というものがポストに入っていました。裁判所からのもの...

不況による、自殺、破産、凶悪事件。皆さんはこの大不況を身に染めて感じてますか....

「当裁判所は、下記の破産事件につき、破産手続を開始し、同時に破産手続を終了さ....

小額管財事件で破産するんですが原因は株投資です。管財人は免責までにどのような....

自己破産を考えています。少額管財について教えてください。

未公開株200億円売り2社破綻 数千人が出資、事件へ発展も

米国自動車メーカーやTwitterを悪用したスパムメールに注意 - シマンテック月例スパムレポート6月

浅井容疑者、違法性を認識か…農水省から“事故米転売”再三警告



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/968-e1a405c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。