破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人 破産

整理屋

多重債務の整理をするといって、高額な手数料を取る業者のことをいう。弁護士以外はこのような行為を行なうことができないので(非弁行為。弁護士法72条、77条3号により最高2年の懲役又は最高300万円の罰金)、弁護士と提携している整理屋もある。
弁護士が非弁行為を行う者と提携することも犯罪である。弁護士法27条、77条1号により最高2年の懲役又は最高300万円の罰金。名義貸しも禁止されている。このようなものを“提携弁護士”と呼ぶことがある。
弁護士が行う債務整理と異なり、利息制限法などを用いた適正な処理がなされないことが多く、債務者は必要以上の不当な負担を負わされることになる。なお、2003年の法改正により、(認定)司法書士もこのような業務(債務整理)を行うことが認められているが、訴訟代理権などに一部制限がある。



銀行系消費者金融

課題点としては、貸付枠が無担保で最大300万円と大手専業会社よりも高額である事から、利用額や期間によっては利息だけでも相当な金額になりかねない事などである。利息制限法の基準の範囲内とはいえ18%の利率が一般的であり、厳格な債権回収(訴訟、強制執行)を行う点は消費者金融専業会社と何ら変わりない。


消費者金融 概要

出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)に基づく範囲内の金利で貸し付けるもの(最高年利29.2%、ただし閏年は最高年利29.28%。)と、これ以上の金利で貸し付けるもの(いわゆる闇金融)がある。但し、貸金元本が10万円未満は年利20%、10万円以上100万円未満なら年利18%、100万円以上なら年利15%を上限とする利息制限法は、罰則はないものの強行規定(強行法規)である。強行規定は、公序良俗を具体化したものであり、公の秩序を維持し、取引上の弱者を保護することを目的とすることから、罰則の有無にかかわらずこれを遵守しなければならないとされる。契約について強行規定に反する部分は無効となる。


法人でない社団又は財団に対する両罰規定

訴状・答弁書の比較(1)

リン79 退職

自己破産後の法人会社経営7年程前に自己破産しました。現在は個人事業主として、従...

破産手続き開始後に財団放棄された破産物権の固定資産税って請求はどこにいくので....

会社を経営しておりましたが、経営状況が悪いため、法人の自己破産を検討していま....

法人破産1万件突破

自己破産(法人分?)(個人分?)について分かる方、アドバイスお願いします。(....

米ホテルチェーンが破産法申請 米メディア報道

JATA、破産・廃業した旅行会社2社の弁済手続き開始-限度額に収まる見込み

北広島catv事業に遅れも

世界の倒産3割増、09年民間予測 2年連続2ケタ増

サーブ売却で暫定合意=スウェーデン社と-米GM



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/978-10a38d62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。