破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 倒産

返済

元金均等返済
各返済日において、一回の元本の返済額が毎回同額の返済方式である。
毎回同じ金額の元金に、利息を加えた金額を返済する。ローン残高が多い返済初期は、当然利息金額も多くなるために一回あたりの返済金額が上昇する。
返済が進むにつれ、一回あたりの返済金額は減少していく。
この返済方式は、各返済日における元本の支払いが一定であるため、債務者にとってローンの残高、毎回の利息の支払額を認識しやすく、最終返済がいつであるのかが判りやすいという利点がある。しかしながら、利息の支払いについては元本残高にかかるために一定ではないため、借入直後の返済において利息の負担が大きく、借り入れ直後は現預金の手許残高に注意する必要がある。
コーポレートローンにおいて採用されている。


銀行系

2009年現在、純粋な銀行系(銀行の完全子会社)は存在しない。

* モビット (関東財務局長 第01239号) - 三菱東京UFJ銀行・プロミスの合弁
* DCキャッシュワン (関東財務局長 第01279号) - 三菱東京UFJ銀行・三菱UFJ信託銀行・アコムの合弁(2009年5月よりアコムに吸収合併)
* アットローン (関東財務局長 第01236号) - 三井住友銀行・プロミスの合弁


消費者金融 社会問題化

一般に、消費者金融は利息制限法を超える金利での貸付の場合、みなし弁済の無効を主張されると、訴訟では全額を回収することができないため、訴訟の前に訴訟以外の手段を用いて回収を急ぐことがある。全額の回収を容易、確実にするために、連帯保証人付きのローン・不動産担保ローンでの借り換え、公正証書の作成等の手段を用いる場合もある[10]。過払いが生じている法律上支払義務のない債務者に対して、強引な取立てを行うことも常態である。過払いが生じている場合は訴訟による回収が困難であるが、被告が裁判を欠席、答弁書を提出しない場合、また訴訟以外では支払督促に対して督促異議の申立てをせず放置した場合等、例外がある。


クライスラー・GM:計画倒産を笑えない日本の状況

農水省、総務省、経済産業省の所管団体の倒産

失業したら

元請倒産でも、代金未回収を回避できる契約方法を教えてください。建築の専門工事....

会社の倒産と破産

勤めていた会社が1月29日で破産・倒産しました。会社都合での離職なので失業手当を...

義父の自己破産と自営会社の倒産?!と保証人の旦那の自己破産について教えてくだ...

銀行にお勤めの方に・・倒産した会社(自己破産)の担当者は処分されるのですか?



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/986-77948b18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。