破産の前に・・・

破産の前に、色々なサイトやブログから関連の深い内容を集めてみましたので、破産や債務整理、借金に関して悩んでるなら一度見てください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破産 事件

年金担保金融


年金証書、印鑑、通帳を担保(年金の受給権が担保ではないことに注意されたい)に貸し付けを行なうこと。また、印鑑と通帳を使って、「返済」と称して債務者の年金を勝手におろしてしまう業者もある。2004年12月28日より「貸金業の規制等に関する法律」の改正により、これらを担保に取る行為は罰則付きで禁止となる(それ以前は、金融庁の「事務ガイドライン」で禁じられていたのみ)。
また、年金の受給権を担保にすることも原則禁止であり(国民年金法第24条、厚生年金保険法第41条など)、例外的に担保にできるのは福祉医療機構などのように法律(独立行政法人福祉医療機構法第3条 第2項)で定められたものだけである。このため福祉医療機構と類似した名称を称したり、福祉医療機構を紹介すると称して紹介料を請求する業者もある。



外資系 消費者金融

* CFJ (シティファイナンシャル・ジャパン、関東財務局長 第01265号) 2008年11月28日より新規受付を中止中
o ディック
o ユニマットレディス
* GEコンシューマー・ファイナンス (関東財務局長 第01024号)2009年3月まで、4月より新生フィナンシャル
* アエル (関東財務局長 第00358号)2008年3月24日、東京地裁へ民事再生法適用申請



関連法令改正と影響

中小・零細企業倒産の要因の一つとして、2010年の貸金業法完全施行に先んじてノンバンク(事業者ローン、消費者金融)の一部が金利を利息制限法に違反しないように改正し(新規顧客向けローンの金利を20%以下に設定する動きがある)、それにともない審査の厳正化(適正化)が図られ、倒産のリスク、貸し倒れリスクの高い企業・個人に高金利で融資することが減少したことがあるとする意見がある。貸金業法改正は多重債務者救済を目的としているが、その一方で「官製不況」の原因の一つとする意見に渡辺喜美金融行革担当相は反論している。

また、引き下げ反対派は引き続き、法改正の見直しを視野に入れて同様の主張を続けている。また、金融業者の経営状態の悪化、廃業、倒産(会社更生法適用、民事再生等)、営業譲渡などは過払い金(不当利得)の返還に影響を及ぼしている


司法書士の後… 貸金主任 行政書士 マン管…

【DS】逆転検事 Part28【逆転裁判外伝】

裁判外紛争解決手続き(ADR)

倒産した会社の代表者の自宅売却についての質問

債務整理について

自己破産・管財事件について

破産者陳述書について

お金を貸した相手が自己破産しているとの通知が・・・(泣)



1ポチお願いします→FC2 Blog Ranking

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://goo01.blog60.fc2.com/tb.php/993-04eadfd9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。